精十郎日記

若年性パーキンソン病とDBS(=DeepBrainStimulation脳深部刺激療法)と僕(40代・次男)

ヘルメット。

今日の天候は曇り、うっすら影が出来るくらいしか陽射しがなく、1日中薄暗い感じだった。

でも、雨が降りそうで降らず、予報でも降らないそうだった。

最高気温は、23℃、湿度はやや高いのか、少しジメっとした体感。

僕は、実は昨日には決めていたのだけど、今日、いつもの運動の時間を利用して床屋に散髪に行くことにした。

散髪と言っても前回行った時から2か月は経ってはいないくらい。

人によっては嫌みに聞こえるかもしれないが、僕は、もう量が多く、天パーのためまとまらないので、短髪にしている。

が、この季節になると、月イチくらいで散髪しないと、もちろん、毎日頭は洗うのだが、暑苦しいというか、左右後ろがもさっとしてきて、吹き出物ができたり、頭皮のトラブルに見舞われる。

 

というわけで、正直、とても億劫ではあったが、こういうのは、思い立ったが吉日、早めに行っとくに越したことはない。

後回しにすると、ますます行きたくなくなるので、昨日、納品したし、作業も急くこともないので、余裕のあるうちに、そのうち梅雨入りもするだろうし、来週には、受診日もあるし、で散髪に行ってきた。

 

駅前まで自転車で行き、駐輪場にとめて、徒歩で5分くらいか。

そう言えば、ヘルメットを買った。

ぱっと見、普通の野球帽に見えるが、顎紐が付いているので、そう簡単に落ちないつくりにはなっているが、内側にヘルメットのプラスチックがはめ込んであって、装着すると、競馬のジョッキーみたいになる。

で、この駐輪場にとめている間、ヘルメットをどうするか、散々迷った。

 

未だ、正解にたどり着いていないが、ひとつは、自転車のかごに入れておくこともできるだろう。

しかし、高価なものではないが、あまりにも不用心だし、盗まれたら不愉快この上ない。

持ち運ぶのも面倒なので、なるべく、荷物にならないタイプということで、このキャップタイプにしたのだが、被ってそのまま、行けなくはないが、内側がヘルメットなので、何か取ってつけた感が凄く馴染んでないのがよく分かる。

 

今日は、一応そのまま被って床屋と駐輪場の往復はしたが、これで電車に乗るのは、何だか違うような気がする。

では、リュックに入れていくか、それだと入ることはできるが、あまりにかさばりすぎて…。

自転車のヘルメット問題、またひとつ、ストレスの元を抱え込んでしまった。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

夏日、ではなかった。

今日は、もはや最近では安定の、と言わざるを得ない、夏日、と思いきや、24℃まで上がった。

室内にいる分には、閉め切っていると、熱気がこもるので日中は冷房を使用したりするが、窓を開けると意外と風が涼しく感じちょうどよかったりもする。

 

そんななか、今日は午後のリハビリでウォーキングに行ってきた。

室内から見ると、あまりに太陽の光がまぶしくて、真夏の、あの、殺人的な暑さを思い起こさせたが、えいやっと、外に出るとそうでもなかった。

Tシャツ短パンのいでたちで出かけたが、そこそこに汗をかいたが、汗だくとは行かず、帰ってくれば冷房なしでも汗は引いて行った。

 

リハビリの時間、またマッサージ中、Yさんの話術の前に、というか、自らその術中にハマりに行って(話したかった?)何もわからないYさんにアニメの話を熱く語った。

ちょっとすっきりした。

なかなか、こんなアニメ見てるんですよ~、とはなかなか切り出しにくいものである。

ただ、やっぱり同じアニメを見ている人と話したいな、と思うことはなくもない。

 

さて、今日は最後にちょっとだけ、僕が毎日つけている、ノートについて触れておこう。

これは、主に薬の飲み忘れを目的に始めたものだが、記述事項としては、日にち、服薬時間と飲んだ薬の種類(サプリなども含む)、昨晩の晩御飯(毎朝記入)、排便について(時間、量、固さ)、その日の有酸素運動の有無と種別、ことわざをひとつ(字を書く練習として)である。

ちなみに、薬はピルケールに前日のブログ書く前に必ず次の日の5回分を分けて、入れておくが、これでもごくたまに飲み忘れてしまうことはある…。

かれこれ、そのノートも引きこもり生活が始めて5年が経ち、12冊を数えている。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

月曜日はだいたいこんなもん。

昨晩も日曜日が名残惜し過ぎて、というか面白いアニメを日曜日になって発見してしまい、それがまた2クールもあったので、一気見し始めたら、案の定、夜更かししてしまった。

夜更かしして、寝坊して、寝不足になって誰が迷惑するか、というと外ならぬ自分しかいないわけなので、これぞ世にいう自業自得というもの。

 

朝方、一度目が覚めたが、起き上がるには至らず、安定の二度寝、これで寝坊確定、かと思いきや、微妙に寝坊ギリギリで起床できたけど、やはり、朝食、服薬後の眠気には勝てるはずもなく、朝寝を決め込むも、まさかの浅い眠りで起きてもなんとなく身体がダルい。

 

昨晩は、そんなわけだから筋トレも申し訳程度、ほんの少しだけ、気休めぐらいにしかやっておらず、寝不足に加え、運動不足から来てるのか、眠気のような、身体のダルさで昼食後、雨は降っていないけど、27℃と夏日を記録するなか、やる気もなえてはいたんだけど、そこは行かない理由にはならなかったので、外に出て歩いてきた。

 

外に出ると、高確率で足のすくみが出にくくなるのが、自分の身体ながら、いまだに不思議な感じがする。

筋トレちゃんとやってなくても、寝不足でカラダだるくても、やる気なくても、歩くことが出来るときは歩けるし、足がすくむときはすくむ。

この辺の因果関係は、未だに不可解だが、薬効とか、DBSとか、実際のドーパミンの働きとか、その他もろもろの総合的な結果だろう。

だから、今日はとりあえず、比較的調子よく歩くことが出来たけど、少なくとも運動不足や睡眠が、体調と無関係とは考えにくいので、その辺りも整えることはやはり必要だろうと思う。

 

そして、約30分のウォーキングをして、汗もそこそこにかいたので、幾分やる気が出たところで、作業をはじめたが、この辺りは、睡眠不足の影響だろうか、集中力が今一つ続かず、最低限のところまでは進んだけど、明日への負担が増えてしまい、また明日も頑張らないと、自分を叱咤激励する、今日この頃。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

【最新】僕のすくみ足対策(の補足)。

【最新】僕のすくみ足対策。 - 精十郎日記 (hatenablog.com)

上記4月29日の投稿から、本日はその根拠となるような、少し角度を変えて記しておこうと思う。なお、上記投稿はもちろん、今回もあくまで個人的な、見たり聞いたりしたものを参考に主観的経験則に基づいているものとする。

 

まず、すくみ足は、大きく分けて次の4つの原因があり、それが単独、もしくは複合的にトリガーとなって発動すると思われる。

 

a)空間的圧迫感による・・・屋内、狭いところ、出入り口などの手前ですくむ。

b)心理的緊張による・・・人目が気になるなど、自意識過剰な精神状態で不安やトラウマを助長してしまい、すくんでしまう。

c)肉体的疲労による・・・過度な筋トレ後など、フィジカル面で制御不能に陥りすくみやすくなる。

d)薬効による・・・薬が効きすぎている、あるいは薬効が希薄であるときに足がすくむ。

以上4点にさらに補足説明を加えておく。

 

a)空間的圧迫感は、屋外から屋内に移動したときなどに顕著に表れるので、注意したい。電車やバスなど公共交通機関の乗降の際なども同様である。対策としては、とにかく、足を出す(歩く)ことを「意識」すると同時に視覚でその空間を確実に把握することが求められるが、目線をあげて周りを見ると視界にいろんなものが入ってパニックになりやすい場合もある。(人混みなど)ある程度、その場所を把握したら、足元を見て、今から出す足をどの位置に出すのか、意識したほうが足が出やすい。(声掛け、手を振るなど平行してできればやる)

 

b)緊張すると、姿勢に現れ、呼吸が乱れるので、姿勢を正し、深呼吸、肩の力が入ってないか、確認する余裕が欲しい。転んでも、突進歩行してメンタルが凹んでも最低限の活動範囲のなかでは、上手くいかないのが普通なんだから、失敗を恐れずに、むしろ、トラウマを成功体験を積み上げて忘れるくらい前向きにチャレンジする勇気をもちたい。あと、よく寝ること、イヤなことは寝て忘れるようにする。(夜更かしはほどほどに)

大きなストレスを感じたり、不安や恐怖があるときは、緊張したり、足がすくみやすい。(朝活無理にする必要はないけど、有酸素運動はストレス軽減になるから、多少は無理しても継続したいところ。)

 

c)過度な筋トレ後は、どうしてもその疲労から不安定になりやすい。できたら、休息やインターバルを置いて、すくまないようにしたいが、どうしても歩く必要があるときは、姿勢、深呼吸、重心、声掛けなど、総動員であたるしかない。適度な運動を心がけたいが、負荷をあげることによる達成感を得たいならば、安全面を念頭に置いて。

 

d)DBSによる刺激で朝の起床時には、薬効が全くない状態を実感できてはいるが、ゆっくりでも歩ける、動ける状態は今ある。それに上乗せしての薬だから、飲み忘れは厳禁。(逆に飲み間違いなどもこれまではとりあえずないが、注意したい)

便通、水分補給など、薬効が最大限活かされる状態に留意する。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

めでたい。

5月15日、我が推しの女子カーリングチーム、ロコソラーレのリード・吉田夕梨花選手が入籍されたそうな。

めでたい話、明るい話題だ、素直に喜びたいと思う、おめでとうございます!

選手活動は継続するとのことなので、その辺りも安心した。

お相手は、これまた、世界を転戦するスケート選手とのこと。

実姉でチームメイトの知那美選手は、昨年だったか、スキー競技のコーチの方と結婚。

姉妹揃って、選手婚、しかもお互いに海外遠征が多い多拠点生活になるという。

お互い納得の上、もしくはあくまで授かりもの、それはその時に考える、みたいな話なのか、どうなのか?予め家族計画についてどのように話しているのか、また、妊娠を機にどうしても女性選手は制限を強いられるキライがあるので、海外選手は妊娠中も安定期に入ってからだと思うが、試合に出たりというのもあるし、国内では主力メンバーが少なくとも1シーズンは試合に出られない状態になり、チームが解散、もしくは形を変えたり、色々とパターンが考えられるというのは、気がかりではある。

 

直近では、かつて4強と言われたチーム富士急のスキップだった小穴選手が妊娠して退団して、富士急はチームの方向性が定まらず(もちろん、妊娠が原因かどうかは分からないが)、空中分解して現在は、活動休止状態。

その他、フォルティウスのスキップ吉村選手も昨シーズン(23-24)は、産休のため選手登録をしていなかったが、そこ(スキップ)に元富士急の小谷選手が加入したため、チームがワンシーズン棒に振ることはなかった。

しかし、出産を終え、選手として吉村選手が復帰ということに来シーズン(24-25)はなるだろうが、ポジションはどうなるのか、チーム内では決まっていることとは思うのだが、正式なものは発表はなく、来シーズンのフォルティウスのポジションには関心が集まるところだ。

 

これで、北京オリンピックまで全員独身だったのが、現在主力メンバーの半数は既婚者となった我が推しロコソラーレ。

以前も触れたが、現在世界ランキング第1位女子カーリングチームのチーム・ホーマンは全員がママさんカーラーである。(多分)

将来的には、そんなチームみたいになってほしいなどと、(おそらく、周囲も本人も並々ならぬ苦労は絶えないのだろうが、)勝手に、または短絡的にイチファンとしては夢を見てしまうのをどうか許してほしい。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

考えたこと垂れ流し。

今朝は、軽く寝坊したけど、起きた時は、大分体が重く感じていて、こりゃあ、今日は無理かな、って心配なるぐらいだった。

僕は、寝る前に服薬しているから、約8時間ぶりの服薬が朝食後にある。

だから、当然、起きるころには薬効なんて全然ないってくらい、(つまりオフ?)でもDBSがあるから、かろうじて起きてゆ~くり歩いて、洗面して朝食とってからの服薬まで動けるには動けるのだけど、この調子というのもいい時、悪い時があって、これはおそらく睡眠に関係しているのだろうけど、そんなに寝てなくてもいい時はあるし、昨日なんか、割と睡眠時間はあったほうだけど、調子が悪かったりして、要するに、時間より質?いや、その両方?っていうのは、今後課題にはなるだろうけど、つまりは、夜更かしはほどほどにって話だけど、でも、やっぱり、今オフだけど、8月からカーリング始まって、海外の試合とか絶対時差はあるわけで、そうなると、いくら毎日規則正しくって言っても無理があって、でも、最低限睡眠時間はとらないと、体調崩したり、リハビリもままならなくなるのもイヤだし、まあ、そこのところは、神経質にならない程度に、ストレスはなるべくためず、無理なく、なんなら朝寝、昼寝もして、夕食後仮眠とってもいいじゃないか、と自制心とマイペースのバランスよく、生活していこうと思う、今日この頃、ふー。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強風。

画像からは伝わらないが、このとき、相当な強風が吹き荒れていた。

昨夜ぐらいから吹き始めた強風は、市内では、最大風速18メートルを記録、地域によっては、樹木が倒れたところがあったとか、また、五月の最大風速を記録したところもあったとか。

まったく、これも異常気象のひとつなのだろうか。

 

今日は、強風の影響もあり、晴れてはいても肌寒ささえ感じるほどで、気温も20℃を切っていたので、Tシャツの上に上着を羽織って出かけた。

紫外線対策として防止着用して出かけたが、飛ばされないか、心配で足がすくみそうになり、また強風にあおられて足がすくみそうになりながら、歩いた。

結局、無事に歩ききったけど、調子としては、荒れたコンディションのなか、よく歩けた、調子は悪くはなかったと思う。

 

さて、昨日、違和感のあった右股関節だが、昨晩は、筋トレを上半身中心にして、下半身は軽くして、寝るときは、股に枕を挟んで寝たところ、大分復調した感じが得られた。

まだ、不安は多少あるので、様子見しながら、運動、寝るときと、気をつけようとは思うが、昨日よりは、鈍痛もほとんどなく、ただ、ウォーキングのあと、右股関節から臀部あたりが張ったような、腰痛の一歩手前の疲労感のようなものを感じた。

明日は、日中今日とは打って変わって夏日になるらしいが、金曜日でリハビリ、午前中のウォーキングを予定している。

ベストコンディションとは行かないまでも、無理せず、出来ることは今日もやっておこうと思う。

 

それでは今日はこのへんで。

今生きている奇跡にありがとう。

明日も良い一日でありますように。

あした天気になあれ